体の大掃除

    体の大掃除しましょう♪健康になるため、美しさを維持するため…何でもトライして絶対に維持☆これが一番かな…w ^^ みんな頑張れ♪

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    おせち料理の名称 意味 いわれ

    おせち料理について調べてみました

    【紅白蒲鉾】
    紅はめでたさと喜びを表し、白は神聖を表すのは、日本ばかりか東アジアや
    インドネシアにも残っている古い習わし。

    【伊達巻】
    お正月には巻物がよく出てきます。昔の人は、大切な文書は巻物に装丁し、
    絵は掛軸に仕立て、家宝にしていました。江戸時代、長崎に伝えられた
    しっぼく料理の中に、「カステラかまぼこ」というものがありました。
    これが江戸に伝えられ、伊達者たちが着ていたドテラに似ていたことから
    伊達巻と呼ばれるようになりました。伊達者とはシャレ者という意味です。

    【錦玉子】
    黄身と白身の2色が美しい錦玉子は、その2色が金と銀にたとえられ、
    お正月料理として喜ばれます。2色を錦と語呂合わせしているともいわれます。

    【栗きんとん】
    黄金色に輝く財宝にたとえて、豊かな1年であるようにという願いが込
    められています。また、「勝ち栗」という言葉があるように、栗そのものが
    昔から縁起のよい食べ物として尊ばれてきました。日本中どこにでもある栗は、
    山の幸の代表格。砂糖の貴重な時代には、多くの砂糖を使用して調理する
    栗きんとんは、大変贅沢な料理でした。

    【黒豆】
    黒豆がお正月に登場するわけは、「まめ」が丈夫・健康を意味する言葉だった
    からです。歌舞伎ことばに「まめに暮らせよ」とか「あなたもまめね」というセリフが
    よく出てきます。

    【昆布巻】
    喜ぶの言葉にかけて、昆布はお正月の鏡飾りにも用いられています。
    日本料理の必需品ともいえる大切なもので、健康長寿が得られるといわれ、
    沖縄でも遠く北海道から取寄せ、多く食べられています。

    【田作り】
    豊作を願い、小魚を田畑に肥料として撒いたことから名づけられた田作り。
    片口鰯の小魚を天日で干して上げたごまめを砂糖としょうゆで調理したものです。

    【数の子】
    二親(にしん)から多くの子が出るのを好き事とし、古くからおせちに使われました。
    今は数の子も高価な品となりましたが、かつて、数の子は日本中どこでも入手
    できる一般的なものでした。

    【小肌粟漬】
    小肌はコノシロという魚の成魚になる前の名前。つまり、出世魚なので縁起が良い
    食べ物とされているわけです。小肌粟漬は、小肌の切り身を蒸した粟と一緒に
    酢漬けにしたもの。粟はクチナシで鮮やかな黄色に染めています。

    【えび】
    えびは、長いひげをはやし、腰が曲がるまで長生きすることを願ってお正月飾りや
    おせちに用いられます。伊勢えびから、小さな川えびまでいろいろですが、
    お重詰めの中には、小えびを串で止めた鬼がら焼がよく用いられます。

    【お多福豆】
    「阿多福」という字が当てられ、文字通り福を招く食べ物として、祝い膳には
    よく登場します。空豆の一種で、その形が、ふくよかなおたふくの顔に
    似ているところからこの名前がつけられました。

    【ごぼう】
    細く長く地中にしっかり根を張るごぼうは、お正月料理やお菓子に
    重要な役割を果たしています。宮中でお正月に配られる花びら餅の芯にも、
    ごぼうが用いられ、大切に扱われているのです。たたきごぼうは、
    軟らかく煮たごぼうを叩き、身を開いて、開運の縁起をかついだもの。
    [ 2013/01/01 08:58 ] 情報最前線 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。